「長く」働く

社員インタビュー
社員インタビュー

「長く」働く

メンテナンスしたエンジンが
問題なく稼働したときの
達成感こそが
仕事をがんばる原動力です

2014年4月入社 / 機械工学系高校卒
神戸事業所 機械事業部 技術グループ

N.O

ボルテックを選んだ理由

過去の学びを無駄にしない働き方

水産高校の機械科で得た知識を活かして働ける会社を探していたときに、学校の先生からボルテックを紹介してもらったのがきっかけで興味を持ちました。その後、企業研究をしていくうちに、この会社だったら自分のめざす働き方ができそうだと感じ就職を決めました。内定決定後に横浜の本社で研修を受講。点検報告書の書き方を始めとした業務指導や現場の見学などを通し、ボルテックで働くイメージを固めていきました。その後、神戸事業所の機械事業部に配属が決定。今は発電機のエンジンメンテナンス業務を担当しています。実際の現場では、細かい作業の進め方が学校で学んだものとは異なっており、はじめはその差に戸惑うこともありました。ただ、私の通っていた学校では、今は使われていないような古い型のエンジンを分解し再度組み立てる授業があったため、そこで身につけた知識をどのように応用すればいいか理解できた後は、スムーズに仕事に取り組めるようになりました。

voice-1

仕事のやりがい

「長期」と「短期」、2つの業務

エンジンを隅々まで分解し、掃除・検査しなくてはいけない場合、長期間の出張になります。慣れない土地で会社の先輩と集団で生活をしながら、エンジンのメンテナンス作業を何度も繰り返し行わなくてはいけないので、フラストレーションが溜まってもなかなか発散する機会がつくりづらく、新人の頃は苦労しました。今は、休日にしっかりと一人の時間をつくり、次の仕事に向けてメンタルを整えるようにしています。一方で、限られた工期内で完璧にメンテナンスを完了させることが重要になる業務も存在しており、その場合はスピードと正確な仕事の両方が求められます。特に船舶の仕事については入港から出港までの時間が決まっているため、工期がよりシビアで、その分プレッシャーも大きいです。長期と短期、どちらも大変な仕事ですが、その分最後の試運転で問題なく稼働したときの達成感もひとしおで、それこそが仕事をがんばるための原動力になっています。

voice-2

目指すべき未来

いつまでも、顧客に信頼される会社であるために

お客様に「ボルテックだったら安心して仕事を任せられる」と思ってもらうためには、大小関係なくミスを起こさないことが重要になります。私自身、過去に1度復旧ミスを起こしてしまい、先方だけではなく一緒に仕事していた上司にも迷惑をかけたことがありました。その際は、上司のサポートもあり大事には至りませんでした。しかし、このことがきっかけで一度のミスで顧客の信頼を失い、関係性が途切れてしまうかもしれない、という意識は、今でも大切に持ち続けています。私も世間一般には中堅と呼ばれるような立場になり、今後、若手の育成を担当していく機会も出てきます。そのときは、過去の自分の経験をふまえた上で、技術的な指導はもちろん、働く上で持っておくべき意識から仕事が辛くなったときの息抜きの仕方まで、「ボルテックで働くために必要な全てのこと」を伝えられるようにしたいです。

voice-3

就活生へメッセージ

就活生の方で、地方に在住の方がいたら勇気を出して一歩踏み出してほしいです。私は北海道出身で、就職するまで一度も地元から出たことが無かったのですが、会社の先輩が仕事と生活面の両方について親身に相談にのってくれたおかげで、当初抱いていた不安はすぐに払拭されました。ボルテックの仕事に興味があれば、ぜひ私の初めての後輩になってください!