「女性」が働く

社員インタビュー
社員インタビュー

「女性」が働く

男性が多い職場ですが
性別関係なく社員同士で
助け合う意識が根づいているので
とても働きやすいです

2020年4月入社 / 大卒
神戸事業所 電気事業部 営業企画グループ

E.T

ボルテックを選んだ理由

派遣から正社員へ、長く働きたいと思える職場

ボルテックに入社する前は、10年間シューズショップに勤務、その後は健康診断専門のクリニックで主に現場のスタッフとして仕事をしていました。前者は正社員、後者は派遣という立場で仕事を経験。その中で、正社員として一つの会社に腰を据えて業務に取り組みたいと思うようになり、その気持ちを当時所属していた派遣会社に相談。そこで、派遣からの正社員登用を積極的に行っていたボルテックを紹介してもらい、希望していた事務職での募集だったこともあり、入社を決めました。最初は男性が多い職場ということで不安もありましたが、私が顧客対応で手間取っていると「いつでも声かけて」と目線で合図をしてくれるなど、とても親切にしていただいています。業務内容についても丁寧に教えていただき、就職してから1年経ったあたりで無事に正社員登用のお話をいただくことができました。今は派遣時代と変わらず、営業企画グループで事務作業を継続して行っています。

voice-1

わたしの仕事

未経験の会計業務も、周囲のサポートで「ミスゼロ」に

事後見積もり後の請求書発行や郵送、売掛金や買掛金の計上、旅費の精算など主に会計業務を行っています。私はボルテックに入社するまでこのような業務を担当した経験がなく、最初のうちはミスをしてしまうことも多々ありました。ただ、そのたびに横浜本社で経理を担当している方から、電話で優しく訂正箇所と具体的な直し方を教えてもらいました。そのおかげで、だんだんと訂正されることが減っていき、ついにミスの数がゼロになったときには「今回は完璧だったね! 」とねぎらいの言葉もかけていただきました。現在は、仕事の合間を見つけながら簿記資格取得のために勉強をしています。また、会社の教育制度を活用し、年1で通信教育を受講。業務に関係していれば、講座内容は自由に選択可能で、そのおかげで電話の受け答えの仕方やコミュニケーション能力を向上させる方法など、今の自分に足りていないと感じていたスキルを重点的に学ぶことができました。

voice-2

ボルテックの強み

事業所全体に根づく「助けあい」の意識

男性が多い会社ではありますが、性別関係なく社員同士で「助け合う」意識が根づいているので、誰もが働きやすい環境が整っています。私が、電話口で工事内容や商品名などの専門用語をなかなか聞き取れず対応に悩んでいたら、すぐに別の社員さんが手助けしてくれました。また、コロナ禍の前は、社員みんなでBBQをしたり、社長がカレーをふるまってくださったり、社員主導の行事も多く開催されていました。今まで話をできなかった方と仲良くなって、その場で「ごはん行こうよ」とお誘いいただいたこともあり、交友関係を広めるのにも役立っていたと思います。ボルテックの社員は、一人ひとりが高いスキルを持っています。ただ、顧客の満足度を上げるためには、社員同士が足りない部分を補い合いながら、チーム一丸となって仕事に取り組まなくてはいけません。だからこそ、すでに助け合いの精神が浸透しており、社内行事を通して社員同士の結束力を高めることができているのは、大きな強みであるといえるはずです。私自身も、ボルテックの一社員として会社の魅力を伸ばしていけるよう、ほかの社員さんとの連携を意識しながら業務を進めていきます。

voice-3

就活生へメッセージ

派遣社員と正社員、男性と女性などの属性で判断するのではなく、誰に対しても平等なひとりの人間として接してくれる人が多い職場です。引っ込み思案で人に話しかけるのが苦手な私もすぐに受け入れてくれて、今では自分から積極的に話しかけられるくらい打ち解けることができました。「一つの会社で長く働きたい」と思っている方、ぜひボルテックで一緒に働いてみませんか?